未来エンジニア養成所Blog

プログラミングを皆に楽しんでもらうための情報をお届けします。

Mac上でVirtualBoxを使ってUbuntuを起動させる(失敗編)

普段は Parallels を使っているのですが、テストの意味も含めてVirtualBoxを使ってみたいと思います。

今回はVirtualBoxでUbuntuを起動させることが目標です。

執筆時点(2021/03/12)での環境は 「macOS Big Sur バージョン11.1」 です。

が、タイトルにもある通り失敗しています。 この記事の通りやってもUbuntuが起動できないかと思いますので、失敗例として読んでください。


VirtualBoxのインストール

まずはVirtualBoxをインストールします。

インストール用のファイルはオラクルのページからダウンロードします。

Oracle VM VirtualBox - Downloads | Oracle Technology Network | Oracle


今回はmacOSを使用するので「Mac OS X」からダウンロードしますが、別のOSを利用している場合は、使用しているOSに合わせてダウンロードしてください。

VirtualBoxDownload


完了したら、下記のようなdmgファイルがダウンロードされていますので起動してインストールを開始します。

DownloadFile


次のような画面が開くので、「VirtualBox.pkg」をダブルクリックします。

VirtualBoxInstall


次の画面が出てきたら「許可」をクリックします。

VirtualBoxSecure


後は「続ける」をクリックして、デフォルトでインストールしていきます。

VirtualBoxInstall


インストールが完了すると、アプリケーションの中に下記のようなアプリが追加されています。

UbuntsDownload


これでインストールは完了です。


Ubuntuのイメージをダウンロード

イメージファイルはUbuntsのページからダウンロードします。

Download Ubuntu Desktop | Download | Ubuntu


「Download」をクリックするとイメージファイルのダウンロードが始まります。

UbuntsDownload


ダウンロードが正常に完了すればOKです。


Ubuntuのインストール

VirtualBoxへUbuntuをインストールしていきます。


まずはVirtualBoxを起動します。

起動したら「新規」ボタンを押します。

UbuntsInstall1


名前は任意で構いません。今回は「Ubunts20」としておきます。

UbuntsInstall2


入力が終わったら「続き」をクリックします。


メモリーサイズはご自身の環境に合わせて設定します。今回は4GBに設定します。

UbuntsInstall3


仮想ハードディスクとして「仮想ハードディクスを作成する」にチェックを付けます。

UbuntsInstall4


ハードディスクのファイルタイプは「VDI」にチェックを付けます。

UbuntsInstall4


物理ハードディスクにあるストーレージは「固定サイズ」を選びます。

UbuntsInstall5


ファイルの場所とサイズはご自身の環境に合わせて設定します。今回は50GBで設定します。

UbuntsInstall6


「作成」を押して、しばらく待ちます。

UbuntsInstall7


完了すると下記のような画面になります。

UbuntsInstall8


次に「起動」をクリックします。


が、起動出来ず、、、、、

Ubuntsのインストールまでたどり付けませんでした。


VirtualBoxのバージョンがダメなのかもしれないという話もあるため、後日再チャレンジしてみたいと思います。


まとめ

今回は完全に失敗例です。

同じ現象で悩まれている人がいましたら、自分だけではないよと思ってもらいたいですし、解決方法をご存じの人がいましたらメッセージを頂けると嬉しいです。


参考図書



さらに学習をしたい場合は、オンラインプログラミングスクール
未来エンジニア養成所Logo