未来エンジニア養成所Blog

プログラミングを皆に楽しんでもらうための情報をお届けします。

CloudReadyを使ってみよう

title


CloudReadyで古いパソコンを復活させる

Windows10が出た初期の頃から同じパソコンを利用していると、そろそろ動作が遅くなってきて、ストレスを感じるようになっているのではないでしょうか。

そんな人たちに向けて、パソコンを復活させるアイデアです。


それはCloudReady(クラウドレディ)を利用するのです!


多くの人は「???」となったでしょう。


CloudReadyは、2020年12月にGoogleが買収した米Neverwareの提供するOSです。

Chromebookに搭載されたChromeOSと同じ、オープンソースの「Chromium OS」をベースに開発されています。

(ですので今回のパソコン復活もWindowsではないのでご了承ください)


CloudReadyはシステム要件が低いため、Windows10では動かない古いパソコンでも、快適に動作します。

パソコンにインストールしても利用できますが、今回はUSBメモリにインストールして体験する方法を紹介します。


CloudReadyをUSBにインストールしてみよう

Neverwareの公式サイトを開きます。

Neverware

home


「CLOUDREADY EDITIONS」メニューから「HOME」を選びます。 menu


CloudReadyの無料版(ホームエディション)のインストール画面が表示されます。

「INSTALL THE HOME EDITION」をクリックすると画面の下の方へスクロールします。

dowonload


スクロールしたところより少し下に「DOWNLOAD USB MAKER」があるので、ここからCloudReadyのインストーラーをダウンロードします。

dowonload


USBメモリ(16GB以上)をパソコンに挿します。


CloudReadyのインストーラーを起動し、USBメモリにインストールします。

※USBメモリへのインストールは20分程かかります。


(ここからは使用しているPCによって操作が変わるため、お使いのPC環境を確認して操作してみてください)

BIOS画面を開き、ブートメニューから一時的にUSBメモリを優先する設定に変更します。

設定が完了すると、USBメモリからCloudReadyが起動し、起動画面が表示されます。

※CloudReadyの初期設定(5分程)を済ませることで、すぐに利用できます。



独学で挫折しそうになったら、オンラインプログラミングスクール
未来エンジニア養成所Logo