未来エンジニア養成所Blog

プログラミングを皆に楽しんでもらうための情報をお届けします。

Gitのインストール(Mac OS編)

前回までの流れ

Gitってなんのために使う? - 未来エンジニア養成所Blog



Gitのインストール確認

実はMacにはデフォルトでGitがインストールされていますので、ちゃんとインストールされているのかを確認していきましょう。


まずはターミナルを開きます。(アプリーケーション→ユーティリティ。その中のターミナル.appをクリックします。)
GitにはGUIツールもありますが、ターミナルを使うとGitの機能をフル活用できるので、Gitの学習ではターミナル上で作業をするのが良いでしょう。
ターミナル上で「git version」というコマンドを入力します。インストールされているGitのバージョンが表示されるとインストールされていると言うことです。


f:id:MiraiEngineer:20200902163419p:plain


Gitnのインストール

もしインストールされていないという警告のポップアップが出て来たら、インストールされていないということなので、次の手順でインストールします。
また、Gitのバージョンが古くてアップデートしたいという場合も同様の手順でインストールします。


GitをインストールするためにGitの公式ホームページを開きます。
URLに「https://git-scm.com/」を入力してもらっても良いですし、Googleで「git」と検索してもらっても良いです。
Gitの公式ホームページから「Downloads」をクリックし、その中の「Mac OS X」をクリックします。
ダウンロードされたファイルをダブルクリックで開き、インストールを開始します。


続き記事
phoeducation.work

phoeducation.work

phoeducation.work



さらに詳細を知りたい人は下記の本がお勧めです。(詳細は画像をクリック)



オンラインプログラミングスクール
未来エンジニア養成所Logo