未来エンジニア養成所Blog

プログラミングを皆に楽しんでもらうための情報をお届けします。

【Git&GitHub】リモートの変更・削除(git remote renameコマンド)

title


リモートを変更・削除しよう

今回はリモート名を変更したり、リモートを削除する方法について解説します。


リモート名の変更は別のリモート名を使いたい時や、リモートを使わなくなった時に実行します。


変更する際のコマンドは

$ git remote rename <旧リモート名> <新リモート名>

コマンドになります。


たとえば

git remote rename tutorial new_tutorial

とすると「tutorial」というリモート名を「new_tutorial」という名前に変更することができます。


リモートを削除したい場合は

git remote rm <リモート名>

コマンドになります。


「rm」はリムーブの略です。

例えば「git remote rm new_tutorial」とすることで「new_tutorial」というリモートが削除されます。


実際にやってみよう

ターミナルで確認しましょう。


まず「git remote」コマンドで、どのようなリモートがあるのか確認します。

$ git remote
bak
origin


今回の例は「bak」というリモートと「origin」というリモートが存在しています。


この「bak」を「bakup」という名前に変更します。

$ git remote rename bak bakup


再度「git remote」コマンドで確認します。

$ git remote
bakup
origin

名前が変わったことが分かります。


名前の変更ができたので、次はこのbakupリモートを削除します。

$ git remote rm bakup


再度「git remote」コマンドで確認します。

$ git remote
origin


リモートが「origin」だけになりました。


このように「git remote rm」コマンドを使うことで、リモートリポジトリの削除もすることができました。


参考図書



独学で挫折しそうになったら、オンラインプログラミングスクール
未来エンジニア養成所Logo



あわせて学習したい

phoeducation.work