未来エンジニア養成所Blog

プログラミングを皆に楽しんでもらうための情報をお届けします。

MacBookで外付けキーボードのキーバインドを変更する(command、ctrl、caps)

MacBookというか、macOSで外付けキーボードのキーバインドを変更してみます。


最初に

※ キーバインドの方法だけ早く知りたい方は、飛ばしてください。

2020年4月に下記の東プレ REALFORCE キーボードを購入しました。


気付いた方もいるかもしれませんが、このキーボードはWindows用です。

私が普段メインに使用しているのは MacBook Pro 2020モデルです。


なぜWindows用のキーボードを購入したかというと、2020年4月の時点では仕事の関係でWindowsを使用していました。

そして、この時期はテレワークでもありました。

オンライン会議を頻繁に実施する中で、キーボードのカタカタ音が気になり始め、以前から購入を迷っていた REALFORCE を思い切って購入してみました。


キーボード自体は多くの方が言うように、最高のキーボードですね。


その後、Windowsを使用した仕事も一旦終了し、またMacをメインで使用するようになりました。

そうなると、せっかく購入した REALFORCE がもったいないので、Macにもつなげて使用する事に。


しかし、下記の写真のようにMacのキーボードと、Windowsのキーボードでは、微妙にキー配列が異なるんですよね。

ただ、それはそういう物と思って、打ち間違い等をしながらもそのまま使用してきました。


Windowキーボードの配列

win_key


Macキーボードの配列

mac_key


キーボードの対応としては

Windows Mac
Ctrl control
Winキー command
Alt option

となっています。


これはもう一つ Mac用の REALFORCE を買ってしまおうかと思うくらい、この違いは使いにくかったです。


わかる人は「キーバインドを変更すれば良いじゃん」と即気が付くかと思いますが、私は長い間我慢してしまっていました。


そこで今回です。ふと「キーバインドを変更すれば良いじゃん」と気が付きました。(今更ですが^^)

ですので、そのやり方を共有しておきます。


キーバインドの変更方法

まずはApple メニューの「システム環境設定」をクリックします。

mac_key


システム環境設定で「キーボード」を選択します。

mac_key


キーボードの設定で右下の「修飾キー」をクリックします。

mac_key


そうすると下記のような画面が表示されますので、キーバインドを変更したいキーボード(REALFORCE 87 US)を選択します。

mac_key


あとはキーバインドを設定していくだけですね。

今回は「Option」と「Command」を入れ替えました。


変更したら「OK」を押して完了です。


動画で解説

youtu.be


他にも下記のような物も参考にしてみてくださいね。

phoeducation.work

phoeducation.work

phoeducation.work



オンラインプログラミングスクール
未来エンジニア養成所Logo