未来エンジニア養成所Blog

プログラミングを皆に楽しんでもらうための情報をお届けします。

Macのターミナル(プロンプト)表示を変更する

プロンプトを変更するには、ホームフォルダにある「.bash_profile」というファイルを編集します。
Macでは隠しファイル(「.」が先頭についているファイル)になっていますので、気をつけてください。

プロンプトの表示内容を変更する

例)

export PS1='\# \t \w \$ '
記号 意味
\h ホスト名 norrisMacBook-Pro
\u ディレクトリ(フルパス) ~/Documents/Test
\W ディレクト Test
\t 時間(24形式) 22:50:18
\T 時間(12形式) 10:50:18
\@ AM / PM PM
\d 日付 Fri May 17
\D 日時 \D{%Y/%M/%d %H:%M:%S}
2019/05/17 22:50:18
\# コマンドの番号(1, 2, 3, ...) 1
\n 改行  

文字の色や書体を変更する

例)

export PS1='装飾なし \[\e[1m\] ここは太字 \[\e[0m\] 装飾なし \$ '
効果
0m 装飾なし
2m 細字
3m イタリック体
4m 下線

【備考】\e[0m\e[mと省略できます。

文字の色を変更する

例)

export PS1='装飾なし \[\e[32m\] ここは緑色 \[\e[0m\] 装飾なし \$ '
30m
31m
32m
33m
34m
35m
36m
37m

【備考】
・39mで文字色を、49mで背景色をデフォルトに戻せます。
・40m〜47mで背景色を指定できます。
・90m〜97mでもう少し明るい文字色を指定できます。
・100m〜107mでもう少し明るい背景色を指定できます。
・色のついた文字を太字にすると色が少し明るくなります。

書体、文字色、背景色を同時に変更する

例)

export PS1='装飾なし \[\e[1;37;42m\] ここは太字、文字白、背景緑 \[\e[0m\] 装飾なし \$'

これらは ; でつなげることができ、例えば、1;32mと指定すると、「太字、文字色緑」となり、1;30;47mと指定すると、「太字、文字色黒、背景白」となります。

コマンド実行後の出力終わりに改行を入れる

プロンプトの上に1行開いて表示させます。こうすると出力が(かなり)長めのコマンドを叩くときに、アウトプット先頭が見つけやすくなります。

# add a blank line after each output
function add_line {
  if [[ -z "${PS1_NEWLINE_LOGIN}" ]]; then
    PS1_NEWLINE_LOGIN = true
  else
    printf '\n'
  fi
}

PROMPT_COMMAND='add_line'