未来エンジニア養成所Blog

プログラミングを皆に楽しんでもらうための情報をお届けします。

【Git&GitHub】避難した作業を確認する(git stash listコマンド)

title


避難した作業を確認しよう

今回は「git stash」コマンドで避難させた作業を確認する方法について解説します。


避難した作業を確認するコマンドは

$ git stash list

コマンドになります。

このコマンドで避難した作業の一覧を表示することができます。


イメージでみてみましょう。

例えば今2回避難をしたとします。

「避難作業1」と「避難作業2」の2回「git stash」をした状況だとします。

この状況で「git stash list」と入力すると、「避難作業1」と「避難作業2」というすべての避難した作業を確認することができます。

title


実際にやってみよう

それではターミナルで確認してみましょう。

$ git stash list
stash@{0}: WIP on main: 55c46b4 third.htmlを追加

すると、前回「git stash」で避難した作業がここに表示されています。


今はまだ「stash」を一度しかしていないので「stash@{0}」しか表示されていませんが、これを2回、3回とやっていくと「stash@{1}」「stash@{2}」とスタッシュした作業が追加されていきます。

このように「git stash list」コマンドを使うことで、避難した作業の一覧を確認することができます。


参考図書



独学で挫折しそうになったら、オンラインプログラミングスクール
未来エンジニア養成所Logo



あわせて学習したい

phoeducation.work