未来エンジニア養成所Blog

プログラミングを皆に楽しんでもらうための情報をお届けします。

SELinuxの無効化

Apacheで403 Forbiddenが表示されて、はまった時の備忘録です。 とりあえず、私の場合はこれで解決しました。

SELinuxが有効になっている場合、DocumentRootへのアクセスが拒否されている可能性があるようです。 SELinuxを利用する予定がない場合は無効に設定しましょう。

SELinuxの状態確認

[root@localhost ~]# getenforce
Enforcing

Enforcingと表示される場合、SELinuxは有効になっている状態です。

SELinuxを無効にする

SELinuxの設定ファイルは /etc/selinux/config になるため、こちらを編集します。

[root@localhost ~]# vi /etc/selinux/config
...
SELINUX=disabled     ← enforcing から disabled に変更
...

サーバ再起動

SELinuxの設定を反映するためにサーバの再起動を行います。

[root@localhost ~]# shutdown -r now

SELinuxの状態を再度確認

[root@localhost ~]# getenforce
Disabled

Disabledと表示されれば、SELinuxは無効に変更されています。