未来エンジニア養成所Blog

プログラミングを皆に楽しんでもらうための情報をお届けします。

【Git&GitHub】GitHub上にあるプロジェクトからスタート(git cloneコマンド)

title


GitHub上にあるプロジェクトから始めよう

GitHub上にあるプロジェクトからGitをはじめる方法について見ていきます。


前回の記事では自分で新規プロジェクトを作成して、「git init」から始める方法について見てきました。 phoeducation.work

今回は他の人が既に作成しているプロジェクトからはじめる場合について見ていきます。


ではどのようにやるのかというと、他の人が作成したGitリポジトリのコピーを自分のローカルに作成します。


具体的には「git clone」の後に「リポジトリ名」を指定したコマンドを打ちます。

$ git clone <リポジトリ名>


クローンというのはコピーと言う事です。

「git clone」でコピーを作成するという意味になります。


「git clone」コマンドを打つと、何が起こっているのか。

リモートリポジトリ(今回の場合はGitHubです)に対して、「git clone」と打つと、2つの物がローカルにコピーされます。


まず1つ目がリモートリポジトリのファイルで、リモートリポジトリがワークツリーにコピーされます。

2つ目がリポジトリ、つまり「.git」ディレクトリがコピーされます。


このように、ファイルと「.gitリポジトリ」の両方が「git clone」コマンドでコピーされています。


Gitリポジトリのコピーを作成する


では実際にGitHubにあるプロジェクトをコピーして見ましょう。


まずGitHubを開きます。

GitHubを開いたら検索バーで「atom」と入力してみましょう。

するとatom/atomというのが一番上に表示されるので、これをクリックします。


GitHubでatomを検索


atomというのはテキストエディタです。

atomはオープンソースとして公開されているので、このようにGitHub上でatomのファイルを見たり、自分のローカルにコピーを作成したりすることができます。


atomのファイル


では実際に「git clone」コマンドでコピーを作成して見ましょう。

「Code」ボタンをクリックして、その中の「Clone」から「HTTPS」ボタンをクリックしてコピーします。


atomのclone


次にターミナルを開きます。

ターミナルを開いたら自分の任意のディレクトリに移動します。

今回は前回作成した「git_tutorial」とは別のディレクトリに移動してください。


そこで「git clone」と入力した後、ペーストで貼り付けます。

そうすると先ほどのatomのURLがコピーされていたので貼り付けられます。

そうしたらreturnを押します。

そうするとclone(コピー)が開始されます。

$ git clone https://github.com/atom/atom.git
Cloning into 'atom'...
remote: Enumerating objects: 205455, done.
remote: Counting objects: 100% (25/25), done.
remote: Compressing objects: 100% (12/12), done.
remote: Total 205455 (delta 13), reused 20 (delta 13), pack-reused 205430
Receiving objects: 100% (205455/205455), 323.70 MiB | 943.00 KiB/s, done.
Resolving deltas: 100% (145827/145827), done.


100%になったらコピーが完了です。


コピーが完了したら、atomのディレクトリの中身を見てみます。

$ cd atom
$ ls -a
.               CHANGELOG.md            benchmarks          resources
..              CODE_OF_CONDUCT.md      coffeelint.json         script
.coffeelintignore       CONTRIBUTING.md         docs                spec
.eslintignore           Dockerfile          dot-atom            src
.eslintrc.json          LICENSE.md          exports             static
.git                PULL_REQUEST_TEMPLATE.md    keymaps             stylelint.config.js
.gitattributes          README.md           menus               vendor
.github             SUPPORT.md          package-lock.json
.gitignore          apm             package.json
.prettierrc         atom.sh             packages


するとatomプロジェクトのファイルが自分のワークツリーにコピーされていることが確認できます。

それともうひとつ、「.git」ディレクトリもコピーされていることが確認できます。


まとめ

このように「git clone」でリモートリポジトリの内容を自分のローカルにコピーすることができます。


参考図書



独学で挫折しそうになったら、オンラインプログラミングスクール
未来エンジニア養成所Logo



あわせて学習したい

phoeducation.work