未来エンジニア養成所Blog

プログラミングを皆に楽しんでもらうための情報をお届けします。

初めての万年筆

ちょっとITの話題とは異なり、アナログなお話になります。 (コーヒーブレイク?)


文字を書く機会が減った

毎日PCと向き合っていることが多いため、メモ等もPCだったり、スマホだったり、タブレットを使ったりと、紙にペンで文字を書く機会が減っていました。

昨年 iPad Pro を購入した際には Apple Pencil も合わせて購入したため、メモも iPad で済まして、全てを電子化するつもりでいました。

けど、けど、ちょっとしたメモを取る時にタブレットってやっぱり面倒。アプリを立ち上げる手間だったり、書く場所を決めたりと、ちょっとしたことがやっぱり面倒。

と思って、何か良いメモ帳が無いかとネットで探していたら、万年筆の話題を目にして興味を引かれてしまいました。


万年筆は高級そうと思っていましたが、、、

100均(DAISO)で万年筆って売っているんですね。


f:id:MiraiEngineer:20210106113145j:plain

早速お試しで購入。100円なら失敗しても良いかという感覚です。

カートリッジ式なので、カートリッジを差し込みしばし待機。




全然インクが出ません。
振ってしまおうかと思いましたが、大惨事になりそうなのでそれはやめ。

とりあえず、逆さにしたまま一日放置しました。




が、状況は変わらず。
色々ネットを見ながら、カートリッジを押してみると良いかもと。

ぎゅっとつまんでみると、確かに少しインクがカートリッジから出ている様子。ただ、手を離すとまたカートリッジへ吸い込まれているよう。

もっと強くつまんでみるかと思ったら、


「ペキッ」


「ん?」と思っているまもなく、どんどんインクが流れ出てきます。

慌ててティッシュで拭きまくり。カートリッジの中身が無くなった辺りで、やっとインク漏れ終了。(当たり前か)


とは言え、万年筆に少し残ったインク分でしっかり書くことは出来ました。


2本買っていたので、もう一本は軽くカートリッジをつまむ。今度はうまくいったみたい。

しばらくは使って見ようと思いました。



と思っていたのもつかの間、下記の万年筆を買っちゃいました。

まだ届いていませんが、とりあえず万年筆デビューして見ました。

せっかくなので下記も合わせて購入。

また、何かのタイミングで状況をご報告しましょう。



オンラインプログラミングスクール
未来エンジニア養成所Logo