未来エンジニア養成所Blog

プログラミングを皆に楽しんでもらうための情報をお届けします。

簡単に「論理的思考」を身につける

title


論理的思考を身に付けよう

論理的思考はなぜ必要なのでしょうか?

なぜ?


最近ではプログラミングの学習が小学校から必須科目になるなど、これも論理的思考を身に付けるための学習ですね。


仕事において論理的思考が必要になるのは「相手を納得させるため」です。(決して「相手を論破する」ためではありませんよ。)


相手を納得させるためには、いわゆる「ロジカルシンキング」とか「MECE」とか「ロジックツリー」とかの難しいことがありますが、ここでは一切触れません。

気になる方は別途学習してみてくださいね。


覚えるのはただひとつ

ただひとつ

ここで覚えて欲しいのはただひとつ、


「〇〇だから〇〇である」


という流れで話ができるようになることです。

論理


「〇〇である」の部分が結論です。

「〇〇だから」の部分が根拠です。


最も簡単な論理的思考は、この「〇〇だから」と「〇〇である」が両方存在していて、両者が直接繋がっている必要があります。


流れを省略しないで

サボる

じつは「直接繋がっている」というのが重要です。


例えば、

ダメ論理

これは論理的であるとはいえません。


なんで論理的じゃないの?

コンピュータは直ぐに熱くなるし、冷却が必要なのは当然でしょ?


と思ったあなた。

それはあなたが「途中経過を知っているから」なのです。


言い換えれば、上記の説明は

「根拠」と「結論」が直接繋がっていない


のです。上記の説明の正体は、こうです。

論理の飛び


「コンピュータは電気で動くから冷却が必要である」という結論は、上記のようにいくつかの「〇〇だから〇〇である」の組み合わせで成立しています。

このような、論理の流れの途中を省略し、最初と最後だけを提示することを論理の飛びといいます。


論理の飛びは、同様の経験や思想を持つ人同士であれば、冗長部分の省略として相手も納得することがあります。


しかし、相手が同様の経験や思想を持っているとは限りません。

相手の経験や思想が異なる場合、もしくはわからない場合、論理の飛びがあると相手が理解できない可能性があるのです。


まとめ

最初は

  • 「根拠」と「結論」が共に明示されていること。
  • 「根拠」が「結論」が直接繋がっていること。

この2つを強く意識するようにしましょう。

これだけで「論理的思考」はOKです!



さらに学習をしたい場合は、オンラインプログラミングスクール
未来エンジニア養成所Logo