未来エンジニア養成所Blog

プログラミングを皆に楽しんでもらうための情報をお届けします。

Vimの日本語文字化け対応

現在のVim 文字コードを確認する

まずは現在の文字コードの状況を確認します。

# ファイルの文字コード確認
:set enc?

# 出力結果
encoding=utf-8

上記のような出力結果が表示された場合、Vimとしては「utf-8で記述されたファイルだな」と認識して表示しているという事です。実際のエンコードと、Vimの認識があわないとうまく表示されず、文字化けする事になってしまいます。

文字コードを指定して、ファイルを開き直す

ファイルを開き直すには「:e」を実行します。また「++」に続けて、実行コマンドを付与できます。 「sjis」「euc-jp」「utf-8」などとやれば、だいたいうまくいくと思います。

# sjisで開き直す場合
:e ++enc=sjis

# euc-jpで開き直す場合
:e ++enc=euc-jp

文字コードを指定して、保存する

またVimで開くことになるはずですので、今後のことも考えて「uft-8」に変換して(かつ、別ファイル名で)保存しておきます。

# 保存エンコーディングを明示的にセット(utf-8で保存する)
:set fenc=utf-8

# ファイルを別名で、保存。そのままそのファイルを編集
:saveas index-utf8.html

# もし、saveasの代わりに:もし上書きしていいなら、そのまま上書き
:w