未来エンジニア養成所Blog

月単価180万以上のプログラミング講師がプログラミングを皆に楽しんでもらうための情報をお届けします。

強みを築く道にある障害を乗り越える

title

強みを築く道に障害はあるのですか?


これはよくいただく質問の一つです。


結論からお伝えすると、強みを築く道に障害はあります。

その障害とは、人はどうしても弱点が気になるということです。


突然ですが、あなたに質問します。


あなたを最も成長させるのは強みと弱点のどちらだと思いますか?


世界各国を対象に行ったアンケートの結果によると、成功への鍵は強みにあると答えた人は全体のわずか24%でした。

つまり、世界の大多数が成功への鍵は弱点の克服にあると思っているということです。



どうして人はこれほどまでに弱点が気になってしまうのでしょうか?


人が弱点を気にしてしまう原因には、3つの恐怖があると考えています。

それは、弱点に対する恐怖失敗に対する恐怖真の自分に対する恐怖です。


では、それぞれの恐怖について具体的に説明します。



title

弱点に対する恐怖


自分には弱点があるという事実を恐れるあまり、自分の強みに自信を持てなくなる人がいます。


例えば、販売活動には優れているけどロジカルシンキングが苦手な人がいたとしましょう。

そういう人はロジカルシンキングができないということばかりを気にしてしまい、ロジカルシンキングを克服しなければ必ずどこかで大失敗をすると思い込んでしまいます。



誰にでも弱点はあります。

ある人にとっては楽な作業でも、別の人にとっては難しいなんてよくあることです。

私たちは弱点なんか放っておいて良いと言いたいわけではありません。

弱点があることで強固な人生を築くことに支障が出るなら最低限の対策は必要です。

しかし、あくまでも強みに気づかないまま終わるという最悪の失敗を回避するための対策です。

大きな成果を生み出すための行動ではありません。

弱点は強みを生かすために最低限の対策をすれば十分です。



title

失敗に対する恐怖

そもそも失敗には2種類あります。


一つは小さな失敗で、割と簡単に取り返せる失敗です。

小さな失敗であれば素直に認めて反省しますよね。

小さな失敗でいきなりメンタルがズタズタになることはありません。

今回取り上げるのはもう一つの大きな失敗です。



大きな失敗に見舞われると「もうダメだ、乗り越えられない」と心が折れてしまうことがあります。


では、どのような時に人はもうダメだと感じるのでしょうか?


それは得意分野で自ら志願し全力を挙げて取り組んだにも関わらず失敗に終わった時です。

自信満々で挑戦した結果うまくいかなかった時、周囲の人や世間から「ざまあみろ」と叩かれます。

他人の不幸は蜜の味という言葉があるように、人は他人の不幸に喜びを感じる生き物です。

残念ながらこれは人間の本能であり、誰にも抗うことはできません。



失敗して自暴自棄になるのが怖い。

そして失敗すればバッシングに合う。


この2つの結果を恐れるあまり、自らの強みをあえて生かそうとしない人は多いのです。

そしてひたすら弱点を克服しようと作業に没頭します。

そうしていれば謙虚で勤勉な人に見えるからです。


しかし、それでは大きな成果は決して得られません。

失敗への恐怖も人の不幸は蜜の味という歪んだ感情も、この世から完全になくなることはないでしょう。



では、失敗の恐怖に打ち勝つにはどうすればいいのでしょうか?


答えはいたってシンプルです。

それでも才能を磨くことをやめない、これだけです。


もちろん失敗する可能性はあります。

あなた自身が思ったような成果を得られないこともきっとあるでしょう。

しかし、強みを生かす人生というのは才能を強みにする過程で一心一体を繰り返しながら築かれるものです。

その道のりは長く、もどかしさを感じるかもしれません。

しかし、どうか諦めないでください。

強固な人生を築くためのたった一つの成功法則は、強みを育て続けることをやめないこと。

途中でやめないことです。



title

真の自分に対する恐怖


あなたの強みは何ですか?

このように聞かれて、生まれ持った才能と答える人は滅多にいませんよね。

おそらく才能ではなく資格や学歴、職歴などについて話す人が多いのではないでしょうか。

確かに資格や学歴、職歴などは本人の努力なしでは得られないものです。

手に入れた肩書や勲章はあなたの承認欲求を存分に満たしてくれるでしょう。

しかし、誰も気がつかないあなたの資質は当然誰からも褒められることはありません。

承認欲求を満たさない資質はあなたの中で埃をかぶっていくわけです。


しかし、資質はあなたが手に入れた学歴や職歴などとは全く違います。

資質とは本人にとっては当たり前のものです。


例えば、共感性の資質に優れた人が教師になると、生徒一人一人が感じる喜びや苦しみを我がことのように受け止め、共感します。

そして、教師なら誰でもそうするというのです。

それが事実かどうかはあなたの胸の内で判断してください。



資質は生まれた時から誰にでもあります。

資格や学歴職歴のように特別なものではありません。

しかし、自分だけの才能を磨いて強みを生かせば、多くの人を救えます。

その生き様はどんな資格や学歴職歴よりも立派で尊いのではないでしょうか。




今回のブログはここまでです。

もしあなたが自分の強みを手に入れる過程で失敗したり、くじけそうになったりしたら思い出してください。

あなたが強みを生かす人生を送ることで必ず救われる人がいるということを。

あなたが才能を磨けば磨くほど、あなたの強みは力を増してより多くの人を救うことができるでしょう。

強みを手に入れたあなたによって救われるすべての人たちが今、あなたを必死で応援しています。

どうか負けないでください、頑張ってください、あと少しだから。

あなたが強みを手に入れる日を今か今かと待ち望んでいる人はすでに存在するのです。



強みを築く道には障害があります。

しかし、それらはすべて乗り越えられる障害なのです。

あなたも一つ一つ障害を乗り越えて、強みを生かす人生を歩み続けましょう。