未来エンジニア養成所Blog

プログラミングを皆に楽しんでもらうための情報をお届けします。

【Git&GitHub】タグをリモートリポジトリ(GitHub)に送信する

title


タグをリモートリポジトリに送信する

今回はタグをリモートリポジトリ(GitHub)に送信する方法について解説します。


タグをリモートリポジトリに送信するためには「git push」コマンドで別途指定する必要があります。

実は「git push」コマンドだけではタグは送信されないのです。

タグをGitHubにアップするためには「git push」コマンドでタグを指定して送信してあげる必要があります。


それではタグをリモートリポジトリに送信するコマンドについて確認しましょう。

そのコマンドは

$ git push [リモート名] [タグ名]

となります。


例えば

$ git push origin 20210901_01

となります。


このように入力することで、そのタグの情報をリモートリポジトリに送信することができます。


このやり方は個別のタグを送信するやり方でしたが、タグを一斉に送信することもできます。

そのためには

$ git push origin --tags

と入力します。


この「--tags」を付けると、ローカルにあってリモートリポジトリに存在しないタグを一斉に送信することができます。


それではイメージで押さえておきましょう。

今「コミット1」というコミットがあって、そこに「20210901_01」というタグが付いているとします。

タグを送信


その状態で「git push origin 20210901_01」と入力します。

するとリモートリポジトリ(GitHub)に「20210910_01」というタグの情報がプッシュされます。

このように「git push」でタグ名を指定してあげることで、タグを送信することができます。


実際にやってみよう

それではターミナルを開いて実際にタグの情報をGitHubにプッシュしてみましょう。


まず今のタグの状態を確認します。

$ git tag
20210901

「20210901」というタグが存在するので、こちらを「git push」していきましょう。

$ git push origin 20210901
Enumerating objects: 1, done.
Counting objects: 100% (1/1), done.
Writing objects: 100% (1/1), 165 bytes | 165.00 KiB/s, done.
Total 1 (delta 0), reused 0 (delta 0), pack-reused 0
To github.com:piketa/git_tutorial.git
 * [new tag]         20210901 -> 20210901

これでGitHubに送信することができました。


それではGitHubを開いて、ちゃんと送信できているかを確認してみましょう。

GitHubのgit_tutorialリポジトリに移動します。

ここの「Releases」という場所になります。

Releases


この「Releases」をクリックすると、その下に「Tags」というのがあるので、これをクリックします。

Tags


すると、先ほどプッシュしたタグ「20210901」というタグがここに表示されています。

これの「…」をクリックすると、このタグのメッセージが表示されます。

Tags


ではここで、「20210901」をクリックしてみましょう。

Tags


すると、このタグの詳細が表示されます。

まず、タグ名が表示されていて、その次に誰がいつタグ付けしたのかというのが表示されています。

その下にはタグのメッセージ。

さらにはここでその時のタグのソースコードもダウンロードできるようになっています。

このように「git push」コマンドを使うことで、タグの情報をGitHubにもプッシュすることができました。


タグはこのようにリリースポイントにタグを付けておくととても便利なので、是非活用してみてください。


参考図書



独学で挫折しそうになったら、オンラインプログラミングスクール
未来エンジニア養成所Logo



あわせて学習したい

phoeducation.work