未来エンジニア養成所Blog

プログラミングを皆に楽しんでもらうための情報をお届けします。

GitHubのHTTPSリポジトリをSSHへ変更する

HTTPS接続でGitHubリポジトリへアクセスしていましたが、これをSSH接続に変更します。

まずは現在のoriginの状況を確認

git remote -v コマンドを使用します。

$ git remote -v
origin  https://github.com/[ユーザID]/[リポジトリ] (fetch)
origin  https://github.com/[ユーザID]/[リポジトリ] (push)


originへのアクセスがHTTPS接続になっています。
この状態でもユーザー名・パスワードを設定すれば pushできますが、スマートではないので変更します。


originのURLを変更

git remote set-url コマンドで originを変更します。GitHub側アカウントには ~/.ssh/id_rsa.pub の内容が追加されているものとします。

$ git remote set-url origin git@github.com:[ユーザID]/[リポジトリ]


変更できているか確認してみます。

$ git remote -v
origin  git@github.com:[ユーザID]/[リポジトリ]  (fetch)
origin  git@github.com:[ユーザID]/[リポジトリ]  (push)


試しに git pullしてみましょう。

$ git pull
Already up-to-date.

大丈夫そうですね。



さらに詳細を知りたい人は下記の本がお勧めです。(詳細は画像をクリック)



オンラインプログラミングスクール
未来エンジニア養成所Logo